banner

資本金を払う手続き

会社設立には口座に資本金を払う手続きがある

会社設立するための手続きの流れとしては、株式会社にするのか合名会社にするのかなどの形態を決定してから、会社の目的や商号、本店の所在地、役員の構成、資本金の金額などを決めて書類の作成を行います。

発起人や、取締役になる人物の印鑑証明書の取得を行います。

会社設立を行う管轄となっている法務局において事業目的の確認を行ったり、同一の商号がないかなどの調査を行います。

会社設立に必要になる定款の作成を行って、役場の公証人において定款の認証をしてもらいます。発起人の預金口座において、資本金の入金を行って通帳をコピーします。

コピーが必要になってくる部分は、通帳の表紙や通帳を開いてからの1ページ目の部分、資本金についての払い込みを行ったことに関する記載が行われているページとなっています。

会社設立のための資本金の払い込みがあったことを証明できる書面と、通帳のコピーについて設立の登記申請に必要になる書類とともに法務局に提出を行います。

資本金である出資金についての払い込みをするときには、発起人の銀行口座を使うことになります。会社の設立については、資本金を払い込む時点においては、まだ会社は成立していませんので会社の口座を作ることはできません。

資本金の払い込みを行うために新しく通帳を作ってもかまいませんが、発起人がすでに持っている口座を使うこともできます。代表取締役が会社の発起人となっているときには、代表取締役の口座を資本金の払い込み先にすることが一般的な方法と言えます。

代表取締役が会社の発起人ではない場合においては、発起人のうちの誰のものでも払い込み先として選んでもかまいません。資本金の払い込みを行うときには、必ず銀行または信用金庫の通帳を用意することになります。

会社設立のときに払い込み先として使える金融機関については、一定のものと定められていますので、郵便局などに払い込むことはできないことになっています。

公証人によって定款の認証が行われてから、資本金の払い込みをすることになります。認証日よりも前に払い込みをしてしまったときには、1度引きあげてから再び認証が行われたことを確認してから、それ以後の日に払い込みをする必要があります。

発起人が複数の場合には、そのうちから一人を選んでその人の通帳において、それぞれの発起人が振り込みをすることになります。発起人が払い込みをしている間に、間違って預金について引き出されることがないように注意する必要があると言えます。

Copyright(c) 2014 会社設立の方法、会社形態、運営に合ったものを選ぶためにAll Rights Reserved.