banner

ビジネスフォン

会社設立後ビジネスフォンの導入のタイミングについて

ビジネスフォンというのはビジネス向けに設計された多機能電話のことであり、大きめのオフィスでは必須のビジネスツールの一つになっています。会社設立後どのようなタイミングで準備するのが適切であるかはケースバイケースですが、ある程度安定した状態で行うのが良いと言えるでしょう。

一般的な電話機の場合にはつなげば使うことができる単純な仕組みですが、ビジネスフォンの場合にはコンピューター制御される複雑な仕組みで管理されています。そのため気軽に増設をすることが出来るとは限らないのです。そのため事業規模が大きく成長している時期に慌てて導入すると設備の不足などが発生する可能性があり、後から困ることになるでしょう。

事業が上手く行く場合、会社設立後しばらくたってから成長期に入ります。その様な家庭では従業員の数を増やさなければ対応できないほどの量の仕事に追われることも珍しくありません。その様な場合には職員の増加が続き、設備の必要数にも変動が生じるのが一般的です。

場合によっては事務所機能を置くスペースの不足などが生じることもあるでしょう。その様なケースにおいては会社設立後に何度が事務所の移転を行うということも考えられます。その様なタイミングもビジネスフォンの導入タイミングとしては最適です。

この多機能電話には録音機能や転送機能、自動音声対応など様々な機能が付属しています。この様な電話機が活躍する職場というのはやはりサービス業であると言えるでしょう。サービス業における電話対応の規模に応じて増設できるシステムにすることの必要であるかもしれません。

また会社設立後の成長によっては複数の部署を作って事業を管理することになるケースも珍しくありません。その様な場合には、異なる部屋同士をつなぐ内線機能が社内コミュニケーションの方法として提供されることになります。この様な仕組みがセットで導入されますのでビジネスフォンには非常に多くの活躍の場が提供されるのです。

一般的に会社設立時にはビジネスフォンはそれほど必要な物ではありません。事業規模が拡大し、複数の人間でコミュニケーションを取りながら仕事をしなければならなくなった場合になって初めて必要性が生まれ、導入するだけの価値が生まれてくるのです。

そのため会社設立直後には、既に大人数でのビジネスの準備が整っている場合を除いて、必ずしも検討する必要はないと言えるのではないでしょうか。

Copyright(c) 2014 会社設立の方法、会社形態、運営に合ったものを選ぶためにAll Rights Reserved.